スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

いろいろ考えた1年でした

新しい年になって、1ヶ月が過ぎました。とっくに。
そして「あの日」がやってきます。もうすぐ1年。

「自分にできることは何か」をより考えるようになった気がします。

ボランティアも行っていないし、医療に従事しているわけでもなく。
力仕事も得意でない。
自分の小ささを強く強く感じています。

でも、一方でいつまでも下を向いていられないんだという思いもありました。

経済を回そう!というほど、私はお金を持っていないけど、
外で食事するのが怖い、とか言うのはなくなってきました。
(外で食事したときに地震があったら怖いから、
 しばらくは外で食べられませんでした)

そして、ふと、自分が趣味としてやってきた「すずめ踊り」が
そのシンボルの一つとなるんだ、と教えてもらいました。

もちろん、最初はどんな気持ちで囃せばいいのかわからなかったけれど、
まさに、元気を発信していかないといけないんだ!と
腑に落ちた瞬間がありました。

六魂祭、青葉まつりの代わりとなった「元気発信!ともに前へ」、
夏まつり、徳島への派遣、、、、
去年は、それまでの年よりもずっとずっとすずめづくしだったように思います。

例年は、10月上旬にあるほてい祭りでお祭りのシーズンは終わりで、
そこから「オフ」という名の基礎練習の時期に入ります。
去年は、11月下旬に連盟10周年記念式典・シンポジウムもあり、
さらに12月には南三陸町歌津地区の皆さんから呼んでいただいたり。
・・・と思っていたら、
もう年明けのすずめ踊りの旅があり・・・。


かつては、
「仙台の代表として立派に演舞してくるように」と言われたのに対し
「なんだかよくわからんなぁ」と
まるで反抗期の中学生のようにしていたわけですが、
今は、
すとんと「代表として演舞するんだ」と理解ができました。

私ができることって(一つだけではないかも知れないけど)
「すずめ踊り」って言っていいんだなと思えた時間でした。
そう思ったら、これまでとは違った、、、というか
さらにがんばろうという気持ちになれました。



続きを読む >>
すずめ | comments(0) | trackbacks(0)