スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

君が僕の一番弟子だから

この間、ボスとお食事をしたときに、
いろんな話になったんだけど、
ボスと長く一緒に仕事をしているのは私だよね、って話になって。

正直、気持ちが萎えていたんです。
本当に伝えたいこととは違うことが、別の手段で伝わってしまいそうだし
(うーん、抽象的。)
そうじゃない、ってわかってるのに、
自分でどう動いたらいいかわからなくて。

私が感じてることって、間違ってるのかな、とか
考えてることはずれてるのかなとか
もんもんとしていたのだけれど、
ボスといろいろ話をして、もっと自信を持っていいよ、って思えた。

そして、タイトルの言葉ですよ。

どきゅん。

射貫かれた。

これまで、誰が一番弟子だとか言ってこなかった人が!
お酒は入っていたけど、もうどうしようもなく嬉しくて
思い出してはにへらにへら。
しばらく苦しいことも耐えられそうです。
だって、嬉しいんだもの。
ボス語録 | comments(0) | trackbacks(0)